バッグが似合う女性

持ち手の故障

最近、流行しているバッグは持ち手が細い商品が多くなっています。
持ち手が細いと、バッグがスマートに見えて、ファッションをワンランクおしゃれに見せてくれる効果があります。

このようなバッグは、スタイリッシュな反面壊れやすいことで有名です。
思い荷物を詰めた状態で使い続けたら、気が付かないうちにバッグの持ち手が取れている場合があります。

持ち手が抜けてしまうと、要らなくなってしまいますが、修理業者に修理依頼することで、キレイに修繕してもらうことができます。

一回、持ち手が抜けると、また壊れてしまわないか心配になりますが、以前よりも頑丈に作られるため、使用者が増えています。

革製品でも大丈夫

バッグを使い続けると、持ち手が取れてしまう事件が起こる場合がありますが、コレが革製で縫い付けられている持ち手だと、直接縫い付ける必要があります。
革がほずれた状態でも、修理業者に依頼すれば、キレイに直すことができます。

詳細を確認する

内側も壊れる

バッグを使用すると、外側が壊れやすいイメージがありますが、内側も損傷しやすいものです。
内側にある部分を内袋と言われており、この部分の修理も承っていることで話題を集めています。

詳細を確認する

パイピングは壊れやすい

バッグを使う全ての人が困っているものには、バッグのパイピングと呼ばれる部分の損傷があります。
パイピングとは、バッグの角のことで、知らない内に剥がれていることがあります。

詳細を確認する

ファスナーが壊れる場合

バッグを使っている時によくあるトラブルには、ファスナーが壊れることがあげられます。
中の布地を巻き込んでしまうため、ファスナーの通りが難しくなりますが、修理を行うことでキレイに治してくれます。

詳細を確認する

一緒に修繕できる

バッグを修理してくれる業者はバッグしか扱ってない印象がありますが、最近では靴も修繕してくれることで有名です。
バッグと共に一気に依頼できるため、便利だと話題を集めています。

詳細を確認する